2005年05月08日

来週発売になる第5回…

 …は「日本代表」についてです。
 日本代表の「過去」と「現在」まで。といっても、選手の名前なんてほとんど出てこなくて、要するに「おカネと強さ」の関係みたいな話をしたいと思いながら書いてみました。
 書いてはみたんですけど、結果的には今回のは、その「前振り」までという感じです。

 次回で、その続きをやりたいと思っているのですが、正直を言えばちょっと迷子状態。
 もう少し刺激的なことを書いた方がいいのではないか、とか、1テーマごとにちゃんとまとめて書いた方がいいのではないか、とか、そもそもこれに注目してくれている人が少しはいるのだろうか、とか、書き手の心は線路のないジェットコースターのように右往左往しております。
 なので、次回がどうなるかは未定であり不明というのが現実です。
posted by 川端 at 02:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
誰パスの良いところは臨場感だと思っています。
日本サッカーを俯瞰して将来を考えるという、
大きなテーマだと非常に抽象的に感じてしまい、
なかなか考えにくいです。

それが川端さんの体験やその感想、
現場の人の考えや体験談が紹介されることで、
とても身近な感じがして考えやすいです。

あと日本サッカーというと非常に曖昧なので、
今のように各テーマを少しづつ紹介していくと、
全体が見渡せるようになりそうだと思います。
それから各テーマに絞るとより面白そうです。

次回も期待しております。
Posted by kash at 2005年06月04日 01:57
 まったく仰る通りで、「日本サッカー」というと非常に広範囲で、曖昧で、わかりにくい…と痛切に感じています。
 かといって、それぞれは密接にツナガッテイルので、ジャンル分けも難しいのが現実で。

 ただ僕自身は、サッカーそのものが非常に広範囲で、曖昧で、わかりにくいものだと思っています。
 そんなサッカーを細分化(攻撃だとか守備だとか)したり、単純化(3バックだとか4バックだとか)したりすることそのものに疑念を抱いたりもします。

 もちろん読者が「わかりにくい」のは大問題なわけで(つまり書き手が「伝えられていない」わけで)、そのあたりこれからも模索しながら頑張ります。
 気長にお付き合いください。
Posted by 川端 at 2005年06月12日 23:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。