2005年12月20日

第12回。

 御報告が遅くなってしまいましたが、すでに発売中の「WSG1月号」では、前回に引き続き「テレビ」について取り上げています。
「日本代表」が高視聴率を上げる一方で、不人気で地上波ではほとんど見ることができなくなってしまった「Jリーグ」中継の現状について、民放サッカー担当者の意見を聞き、「今後」について考えてみました。

 放映権(契約)の節目を迎えるいま、未来のサッカー中継について模索する好機でもあります。サポーター(視聴者)にとって、テレビ(局)にとって、サッカーにとって、最良の形はどのようなものか――現実的で、なおかつ理想的なアイデアを探していきましょう。

 というわけで「誰パス」。連載開始から1年間が過ぎました。これまでどうもありがとうございます。今後とも(連載がいつまで続くがファジィですが)よろしくお願いします。

 ちなみに次号(といっても、そろそろ締切なのですが)は、「番外編」として2005年の総括をやるつもりです。

posted by 川端 at 00:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回の内容は、非常に身近なテーマだったこともあって、とても興味深かったです。
特に、「Jリーグは全国ネット向きのコンテンツではないのではないか?」という
視点は、おもわず「なるほど」と思いました。
確かに、全国ネットでの視聴率が低い(これは、私の想像以上でしたが)ことは
決して歓迎すべきことではないですが、かといって、それほど悲観すべきことでも
ないのかも知れません。
むしろ、必要なのは、各チームのホームタウンでいかにコンテンツとして成長
させるかということでしょうか。
特に、Jリーグの場合はホームタウンが日本各地に散らばっているため、その分
インフラにもバラツキがありますから、その辺の格差をどうするか?というのも
問題になってくるような気がします。

また、同時にその一方で、Jのチームが無い地域の人に対しては、テレビは
各チームやJリーグの”PR媒体”としての役割もあると思うので、あまり
ホームタウンに固執し過ぎるのも問題がありそうです。
その辺りのバランス取りも重要かも知れませんね。
Posted by s_tanaka at 2005年12月21日 11:02
こんにちわ。
 更新待ってました。未来のJリーグ中継の形が僕にも見えてきた気がします。
CATVや地域のローカル局が試合を中継すれば、地域の特色や特徴が出て面白いと思います。

来月の番外編のような、意表をつくスルーパスも期待しています。
Posted by show at 2005年12月24日 17:51
 こんばんは。ご無沙汰してます、以前何度か意見を書かせていただいた中村です。  一方的に意見を書いたまま、久しく何も書き込みせずにいました、ごめんなさい…(H.P.の方は拝見させて頂いてました)。     第何回という訳ではないのですが、今年1年“誰「パス」”を通しての感想です。  1つは、サッカー(に限らず、世の中のすべての事象) は、その時代と結び付いていること。我々は、生きている限り時代の流れから何らかの影響を受けざるを得ない。例えば、今では代表戦などの真剣勝負ではほぼ“タブー”とされているゴール後のパフォーマンスが、初期のJリーグ人気を一層盛り上げたことも事実であると思います。  もう1つは、“リアル”と“ロマン”のバランス。我々が追い求める理想とは、リアリティーという基盤の上に成り立っていること。夢を見ることと、リアルを直視すること、どちらかに傾き過ぎてもいけないし、両方大切なんだなぁ、と思います。  そして第12回の感想。Jリーグの成功など今では華やかな日本サッカーがまだ陽の当たる前に、綿密な計画を立て、努力してきた人間がいること。それは、選手にも同じことが言えると思います。   お金の問題に関しては無知なので、これから勉強していく必要がありそうです(苦笑)。     日本サッカー全体を俯瞰した視点で観ながらも、そのピッチに立つ選手のドラマが見たい、そう思います。     来年は日本サッカーにとってはビッグ・イヤー。これからも(勝手に)意見を書かせてもらいたいと思います(スルーもOKです)。よろしくお願いします。     よいお年を。
Posted by 中村 at 2005年12月31日 20:33
サッカーとテレビとの関係の号。
何らかのイメージを想起するきっかけになったみたいでよかったです。
実は僕もその一人。聞きながら、書きながら、これからは……と想像を始めたのでした。

もっとも、とりあえず「地上波テレビ」について取り上げましたが、CS、CATV、さらにはネット中継なども含めて考えると、話はもっと複雑=色んな可能性がある、ということだと思います。
今後ともメディアとサッカー(テレビだけじゃなく)については、横目で見つめていくつもりです。

中村さんが書いている通り、まさしく時代とロマンとのバランス、折り合いのつけ方だと僕も思っています。
時代に埋もれてはいけないし、現実に流されてもいけない、ということでもあります。

今後もそのあたりのサジ加減、みんなで考えていきましょう!
Posted by 川端 at 2006年01月01日 01:44
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

遅くなりましたが第12回を読みました。
試合映像のインターネット配信が、
個人的には非常に魅力的でした。

応援しているチームのアウェイの試合を、
地元CATVだけでなくインターネットでも、
お金を払って見れるシステムが出来れば、
利用する人は多いと思います。
Posted by kash at 2006年01月04日 12:06
2006年も宜しくお願いします。

遅くなりましたが第12回目のコメントを。

テレビの放映権に関しては、一般市民にはあまり知られていない、またはわかりずらいということもあるので今回も面白いものでした。
 
地上波で何で放送しないの?と思う人もサッカーファンの中に多くいると思います。自分もその中の一人でした。これを読むことでその考えは解決できました。
すっきりできました。

個人的に放映ということで気になるのが、「バルサTV」や「CHERSEA TV」といったものです。これを始めるにはどのくらいの資本が必要なのか。人気も必要なのかなどなど・・。日本でも放映されているものなので、気になってしまいますね。
Posted by KOP at 2006年01月08日 03:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。