2005年02月25日

第3回。

 つい先ほど、原稿を書き終えて、中山編集長に送ったところです。
 ちなみに第3回(3月12日売り号)は、日本サッカー協会が力を入れている「キッズ」と「エリート」の説明です。前回で強化の「過去」についてざっと触れて、今回はとりあえず「現在」についての説明。
 とくれば、次回(4月12日売り号)はそれらを踏まえて強化の「未来」について、と進むはず…続きを読む
posted by 川端 at 04:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

シンプルな投稿。

 テーマが大きすぎて、コメントしにくいという声が多かったので。

@単純な話、「誰パス」どうでしょうか?
 読まれた方、感想をお聞かせください。

Aとりあえず「強化」について取り上げます。
 強化(育成)に関して、疑問、意見などありましたらお寄せください。

 とりあえずは「強化」を取り上げるつもりですが、話は飛ぶ可能性大です。
B例えば「お金」。
 サッカー協会の、あるいはJリーグのお金に関する疑問、意見。
 あるいはJクラブ、県協会などのお金に関する疑問、意見。
 協会やJは金持ちなのに、うちのクラブは貧乏だ、そんなのおかしいじゃないか!といった憤懣も可。

C例えば「メディア」。
 スポーツ新聞は、サッカー専門誌は、テレビ中継は、ワイドショーは…などなどメディアに対する疑問、意見、怒り。

 以上、ま、要するに何でもいいですよ、ということなのです。

 
posted by 川端 at 04:06| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本サッカーの「強化」と「2050年ワールドカップV」。

 すっかり間が空いてしまいましたが、改めて「誰パス」への参加、よろしくお願いします。
 さて、今週発売の「ワールドサッカーグラフィック」(3月号)で、いよいよ本格的に日本サッカーを巡る旅が始まりました(前号は「プロローグ」だったので)。
 どこから手をつけようかと相当迷ったのですが、何はともあれ、サッカーの話をしよう!というわけで、「強化」からスタートすることにしました。

 3月号(第2回)では、強化(とりわけ若年層の強化育成)の「過去」について足早に触れています。70年代末に始まったトレセン、90年代に改革されたトレセン…といったあたり。
 そんな「過去」がいまの日本サッカーの急成長につながっている、という話です。

 つまり70年代にまだユースだった水沼さんや柱谷さんを育てたから、90年代にトレセンを改革し、小野や稲本たちを育てたから、「いま」がある、という流れ。

 つまりつまり、「いま」育てなければ2010年代につながらない、という脈々と連なっていくお話。

 でもって、その「いま」について。
 日本サッカー界はどのように「未来」を育てようとしているのか、ご存知でしょうか。
 あるいは、「未来」は育っているとお感じでしょうか。
 そのあたりの感想をお持ちの方は、ぜひお聞かせください。

 また「未来」を感じられるとすれば、それはどのようなシーンですか。
 逆に、このままじゃ「未来」はないと感じるとすれば、どのようなことに対してですか。
 といったあたりも意見のある方はぜひ。

 ちなみに御存知の通り、日本サッカーは「2050年までにワールドカップ優勝」という大目標を掲げました。
 実現できるor無理! についても御意見を。
posted by 川端 at 03:57| Comment(7) | TrackBack(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。